どうも!!!

立春を迎えたのに

益々寒くなって

きましたね!!!

寒すぎて

すね毛が

濃くなってきました、、、

さて

月は変わってしまいましたが

1月は

黄門様をやりました。

はな黄門です。

あらすじは

旅の途中

悪者に追われている

娘を助けた

御一行

話しを聞くと

悪者に騙され

お金を盗られたと、、、

話しを聞いて

涙する御一行

果たして

お金は取り戻せるのか、、、

では

はじまりはじまり

助さんでしょうか?

ほっそい助さん登場です。

続いて

ご老公

こちらは

ジャンボな

ご老公です。

お茶屋で

休んでいると

悪者に追われている

娘が、、、

困っている

女性を見かけると

ほっとけない助さん

勇ましく

間に入ります。

ゴチャゴチャ言う

悪者を一蹴

団子を食べて

逃げていきます。

ご老公は

団子に夢中で

見ていなかったようです、、、

何とか説得し

町へ行くことに

団子は

あきらめきれず

テイクアウトしました

町に出ると

娘を発見

商店で

何やら

盗んだ様子、、、

ここでも

助さんがかっこつけます

娘の代わりに

お金を払って

無事に解決

娘の家に行くと

お父さんが

寝込んでいます

どうやら

一週間

何も食べてない様子

※本人談

娘は

盗んだ野菜で

味噌汁を作ります

熱かったのか

不味かったのか

叫ぶ

お父さん

そんな事は

お構いなく

味噌汁を進める

親孝行ですね

なんだかんだで

悪者の所へ

たたみの下にあるとか

金庫から持っていけとか

クラ〇ンで行けとか

言っております。

押し問答してますね

返す返さない

騙した騙してない

ここでも

ゴチャゴチャ言っております

さあ

ここで出します

印籠!!!

ここから

時代劇の

見せ場です

殺陣です

あっという間に

助さんは

やられ

ご老公の

登場です

最後は

銃でね

一撃でした、、、

無事に

お金を盗り返しました

が、、、

そのお金を

奪って

逃げる

ご老公

最後まで

わんぱくな

はな黄門でした

おしまい

最後まで見て

いただき

ありがとうございました!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る