はなまる星田☆端午の節句・リアル紙芝居♪

皆さん美味しいわんぱく御膳をお腹いっぱい頂いた後は スタッフによるリアル紙芝居をお楽しみ下さい

うわぁ、童心に帰るわぁ 楽しみ

まずは、日本昔話の『ばけもの寺』ですどうぞ

昔昔、ある村に旅のお坊様が現れました。村人に「今夜あそこの空き家のお寺に泊めてもらってもよいじゃろうか」と尋ねました 『あの寺は化け物が出ると村人達のうわさです。やめておきなされ』と村人達は止めました

しかし・・・・『なぁに、化け物ごときで大騒ぎをするでない。泊めていただくとしよう

ところが、夜も更けた頃・・・・・化け物達が、騒ぎ出しました傘のお化け・下駄・太鼓・ホウキ・鐘のお化け達です お坊様を怖がらせて追い出そうとします

お坊様どうしますの

しかし、お坊様は逃げ出すどころか 道具の化け物達に『悪かったのぅ、この寺が廃墟になったとたんにお前達道具も粗末にされてしまったんじゃのう』と詫びてからお経を唱え成仏させたのでした

 

皆さんいかがでしたか物は大切にしましょうという教えですね

続きましてのお話 皆様お馴染みの3匹の子豚

ある村に3匹の子豚の兄弟がいました ある日、お母さんは言いました『もう自分たちで家を建てて暮らしなさい』

そんな殺生な

長男は藁の家次男は木の家三男はレンガの家を建てました しかし長男と次男のちゃっちい家はオオカミに吹き飛ばされてしまいます

長男豚も吹き飛ばされてしまいました

ハハハハハ 竹内さんが吹き飛んでるわ、と入居者様は大笑い

三男のレンガの家は頑丈でお腹を空かせたオオカミは煙突から家に入ろうと足を滑らせて落っこちてしまいましたとさ

あれまぁいやぁ大丈夫

おしまい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る