おいもほりごっこ🍠

だんだんと寒い季節になってきました

秋といえば、、、『焼き芋』が美味しい季節ですよね

はなまる保育園枚方公園では、

“おいもほりごっこ”をしました

「おいもさんがね、、」の絵本を見た後、

本物のさつまいもを触ってみました

  

初めて触れるさつまいもに後ずさりする子もいましたが、

「かたーい」「おっきい~」「つめたい

教えてくれる子もいました

  

さつまいもに興味を持ちはじめ、

先生のお話を聞いてから~

いざおいもほりにチャレンジ!!

 

穴の中から何が出てくるのか⁉と

恐る恐る引っ張ってみると、、

『すっぽーーーーーーん!!』

  

新聞紙で作ったお芋や本物のお芋が

たくさん出てきて子どもたちも大喜び

  

次々と出てくるお芋が嬉しくて

何度も引っ張っていましたよ

お芋だと思いきや大きな“クモ”

出てきてビックリしていましたが、

見慣れると喜んでいました

みんなで収穫したあと手作りの焚火にお芋を入れ

火をつけます

『ポッポッポ

焼き芋が出来上がるまでみんなで

『♪やきいもあっちっち』を歌いました

「♪おならがプープー ごめんねっ」

振り付けがとっても可愛かったです

歌っている間に折り紙で作った

『焼き芋』の出来上がり~~

皮をむいて~~

“パクッ”と食べる真似をする子どもたち

花萬さんに「美味しいお芋作ってね」と

お芋を渡しに行き、15時のおやつで

『ふかし芋』を提供してもらいました

  

今度は本物の皮をむきます

 

真剣な表情で皮をむいていました

むき終えると、、

“パクッ”と良い笑顔

  

おかわりもして先生たちと

一緒に美味しくいただきました

楽しい1日になったね

またお芋ほりしようね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る